ナゴヤ美容スタッフブログ
ショップスタッフが商品の使い方や開発秘話をはじめ、お買物情報から裏情報まで発信します。
こう話せばお客さまも納得!カンタン話術のご紹介
0
    こんにちは。ナゴヤ美容の村井です。



    みなさま、夏のお休みはどのように過ごされますか?
    ナゴヤ美容は8月16日(土)〜19日(火)までお休みです。
    計画的にご注文くださいね。




    先日、あるサロンオーナーさまよりこんなご相談がありました。

    施術メニューにトリートメントを組み込んだり、店販商品を販売するのが苦手な
    スタッフさんが多く、どうしたらよいかとのことでした。


    そこで今日は、新人美容師さんや、単価アップや商品販売が苦手な方向けに、
    カンタン話術として、「Yesの法則 美容師編」をご紹介したいと思います。


    サロンオーナーさまには全く必要のないことかと思いますが、
    アシスタントさんにはもしかしたらお役に立つかもしれません。


    おつきあいくださいね。



    右・・・BXOヘアローション100ml
    左・・・BXOプラチナ100ml



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ところで、「Yesの法則」って、聞いたことありますか?

    人は会話の中で「Yes」を言い続けると、「No」と言いづらくなるという心理学に
    基づいたものです。

    「Yes」と言わせるには、「Yes」と言いやすい質問をしつづけなければなりません。
    では、具体的にどうすればよいのでしょうか?




    例えば、今、お客様が目の前にいらっしゃいます。
    彼女は電話で、「ストレートとカット」を予約されています。
    この方にトリートメントをおつけしたい。

    さあ、どう話をきりだしますか?

    一緒にお考えくださいね。





    美容師A:「今日はどうされますか?」
    お客様:「ストレートとカットでお願いします。」
    美容師A:「カットはどのくらい切りますか?」
    お客様:「毛先をそろえるくらいでお願いします。」
    美容師A「トリートメントはどうされますか?」




    ・・・・・なんてイメージされた方、いらっしゃるかもしれませんが、
    こんなカンジだと、「あ、今日はいいです」となりがちです。


    こうならないよう、Yesの法則にあてはめてみましょう。






    ・・・・・・・・・「Yesの法則」美容師編・・・・・・・・・・


    美容師B:「今日はストレートとカットでよろしかったですか?」
    お客様:「ハイ。お願いします。」←電話で聞いてるので、Yesはとれるはずです)

    美容師B:「クセがでてきてますね。あれから半年たってるから、そろそろ限界でした?」
    お客様:「そうなんです。」(←最後のストレートがいつかは調べれば分かるはずです) 

    美容師B:「髪の量、多いですよね。少しすいておきましょうか?」
    お客様:「お願いします」

    美容師B:「〇〇さん、髪の量多いしクセ毛だし、乾かすの大変じゃないですか?」
    お客様:「そうなんです」


    美容師B:「朝のお手入れはどうですか?雨の日はまとまらないとか、ストレート後
         しばらくすると思いどおりにならないことって多いです?」
    お客様:「そうそう!」
       
          (と、こんなカンジでYesといいやすい言葉をなげかけていきます。
               お客様のことを分かっていれば言えることばかりです。)


       



    美容師B:「最近、新しいストレート剤がでたんですけど、〇〇さんのようにクセ毛で
          髪の量が多い方に最適なストレートなんです。
          何がいいかというと、髪を健康な状態に戻すというコンセプトなので、
          ストレートかけても痛まずキレイに仕上がります。

          ストレート後、家でシャンプーするとキシキシしますよね?あれがないんです。
          それから、髪が健康になるので髪
    が早く乾きます。
          私のお客様で、いつも30分かけて乾かしてたのに、半分の時間で乾くようになった!
          って方もいらっしゃるんですよ」

    お客様:「ええっ、すごい!」


    美容師B:「髪が軽くてまとまりやすいので、朝のお手入れが早くなったというお客様も
          いらっしゃいます。
          〇〇さん、お仕事お忙しくて、朝のお手入れカンタンな髪型がいいって
          おっしゃってましたよね?」
    お客様:「そうなんです」


    美容師B:「新しいストレートは、仕上がりがものすごくいいんですけど、お値段が
          ちょっとだけ
    高いんです。通常ストレートは15,000円、新しいのは
          プラチナストレートっていうんですけど、これは18,000円です。
          〇〇さんにぴったりだと思うので、今日はこちらにしてみませんか?」

                  (最後のツメです。必ず、「こちらにしませんか?」と
                     言ってください。「どうされますか?」はNGです。)


    お客様:「じゃあそれでお願いします。」




           

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    いかがでしょうか?

    ポイントは、

    。截紕鵑箸いい笋垢じ斥佞鯏蠅欧ける
    △客様のことをよく分かっていれば、Yesと言いやすい言葉はたくさん言えるはず!


    ということです。


    今回は、クセ毛でストレート希望の方を例にしましたが、パーマ希望の方やカラー希望の方、
    細毛、軟毛の方なども考え方は同じです。


    みなさんも、ためしてみてくださいね。


    今日もおつきあいありがとうございます。
    次回も、耳寄り情報をお届けしますね。




    オンラインショップの登録がうまくできない方はお電話ください!
    お電話口で一緒に登録させていただきます。お気軽にご連絡くださいね。
    ナゴヤ美容コールセンター:052-837-2331
        













     
    | こう話せばお客様も納得!カンタン話術 | 12:01 | comments(0) | - | - |
    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    OTHERS
    このページのトップへ