ナゴヤ美容スタッフブログ
ショップスタッフが商品の使い方や開発秘話をはじめ、お買物情報から裏情報まで発信します。
<< 野草カラーの新・三角POPできました! | main | 野草カラー「初回限定セット」が新しくなりました! >>
エルベックスシャンプー・トリートメントの詳しい説明
0

    ナゴヤ美容株式会社  馬場です。

     

    今回は、エルベックスシャンプー・トリートメントの詳しい説明をさせて頂きます。

     

     


     

    大切なお客様にふさわしい品質。

     

    特別視される理由は、高い効果にあり。

     

    エルベックスシャンプー

     

    特長

     

    普通のシャンプーでは3〜4つの洗浄成分のところ7つブレンド。

    泡の立ち方・軽さ・滑らかさ・切れ、また指の入り具合を徹底的に研究、

    各段にリッチな泡質を実現、さらに生分解性にも優れています。
     

    洗う

     

    ケラチンで洗うという新発想、アミノ酸系、タウリン系洗浄成分のみで構成。

    「泡そのものがケア成分」です。柔らかく、きめ細かな泡で髪・頭皮を包み洗浄します。

     

    護る

     

    ハリ・コシを付与するアルギン酸Na、カラー・パーマ・ストレート後のアルカリ除去、PH調整・消臭作用・質感に優れたグロスフィリンがダメージ要因を減らしキューティクルを保護します。

     

    整える

     

    アンチエイジング成分γドコサラクトン、保湿と潤いの白金(プラチナ)、アミノ酸オイルのラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデセス-2がシャンプーだけとは思えない優れたツヤ・手触りを与えます。

     

     

     

    エルベックストリートメント


     

     

    特長

     

    つけた瞬間のなじみの良さ、3分置いた後の浸み込む感覚。お流し後の絶妙な残り具合。乾いていく程サラッサラな手触り。ノンシリコン処方で、シリコンではできない特別な手触りを体験できます。

     

     

    満たす

     

    健康毛と同じ疎水性効果のフェザーダウンケラチンが内部に浸透。フェザーの持つ硬い軸と柔らかい軸で芯をつくり、柔軟で軽いダウンがダメージ毛にありがちなゴワツキを打ち消します。

     

    護る

     

    ダメージ要因を除去するグロスフィリンにはカラーの褪色防止効果もあります。シアバターの植物油脂、キャンデリラロウの植物ロウが薄い皮膜を作り水分蒸発を抑え、潤いをキープします。

     

    整える

     

    低分子・高分子のWヒアルロン酸が潤いのツヤ、滑らかな手触りを発揮します。ベタつき一切なしのノンシリコン処方で乾かすほどツヤとサラッサラ感が一日中続きます。

     

     

    全てにおいて、1ランクも2ランクも上の仕上がり・効果。

     

    こだわりの強いお客様も大満足の商品です。

     

    是非、貴サロンの大切なお客様にこそおススメください。

     

     

    お試しセットを用意していますので、

     

    初めての方は下段の「初めてご注文の方はこちらから」を

     

    ご覧ください。

     

     

    より詳しい説明やご注文はこちらから

     

    http://www.nagoyabiyo.jp/ivex/

     

     

    初めてご注文の方はこちらから

     

    https://order.nagoyabiyo.jp/products/detail/177

     

    お得なセット商品やPOPのご注文はこちらから

     

    https://order.nagoyabiyo.jp/products/list?category_id=35&name=

     

     

    今回はココまで。ご覧頂きありがとうございます。

     

     

     

    次回は「エルベックスシャンプー・トリートメント」の販促品紹介です。お楽しみに!

    | エルベックス | 09:00 | comments(0) | - | - |









    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    OTHERS
    このページのトップへ